2017.01.09

ビットコインと中田は関係?どんな関係かを調べてみた

ビットコインと中田は関係?どんな関係かを調べてみた

ビットコインの投資について当然だがビットコインについて知識をつけなければいけない。そこでビットコインについて調べていると、リップルコインという言葉が出てくる。さらにリップリコインを調べていると、中田というワードも出てくる。この中田はリップルコインやビットコインとはどのような関係なのだろうか?

中田とビットコインの関係は仮想通貨つながり?

ビットコインと中田という人のつながりは調べてもなかなか出てきませんが、中田という人は誰かというと、48ホールディングス株式会社の取締役が中田義弘氏ではないかと考えられる。ビットコインはごご存知のように仮想通貨の一つである。ビットコインと中田氏とのつながりは、仮想通貨である。なぜなら、48ホールディングスというのは、クローバーコインという仮想通貨を販売している会社だからである。

中田氏が取締り約である48ホールディングスのクローバーコインとは?

クローバーコインというのは、リップルで価値の保全をしている交換通貨のことのようである。リップルを基準とした暗号通貨のこと。リップルというのは、ビットコインの欠点を補う暗号通貨として知られているもの。リップルはビットコインと違い、単一の意オンライン通貨ではなく、1リップルの料金を用いれば、ドル、ユーロ、円、ビットコインも金銭を送受可能だという点だ。上限はビットコインと同じ、1,000億枚だ。

ただし、現在、リップルの価値は高くはない。クローバーコインがリンクすることで、変化があるかどうかは今度の動向を見てみるといいだろう。ちなみに、ビットコインと中田氏の関係よりも、リップルコインと中田氏との関係の方が深いようだ。クローバーコインに関する情報は多くないため、情報をもっと得たい、クローバーコインに関してもっと知りたい、という場合は、クローバーコインが開催しているセミナーなどに参加してみるといいだろう。ビットコインに関する知識を得るうえでも、いろいろな仮想通貨について知っておくのは悪くないことである。

ソース:http://virtualmoney.xsrv.jp/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB/%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3-%E4%B8%AD%E7%94%B0%E3%81%A3%E3%81%A6%E8%AA%B0/

ビットコイン取引を始めるには

ビットコイン取引をするには、ビットコイン取引所で口座を開設する必要がある。ビットコイン『販売所』でも売買は可能だが、手数料やレートの面を考えると、取引所を利用した方が断然お得になる。

口座開設には少々手間がかかるが、いくつかの取引所で口座を持っておくことをおすすめする。取引所の選び方はこちらのランキングを参考にして欲しい。
→ ビットコイン取引所 おすすめ比較ランキング