2016.12.16

ビットコイン投資|やり方はどうなっているの?

ビットコインのやり方はどうなっているの?

ビットコインを投資の対象として活用する人が増えている。しかし、実際にビットコイン投資をしようとしたら、どのようなやり方ですればいいのだろうか?まず、その買い方から説明しよう。

誰でも買えるビットコイン

ビットコインはネット上の「取引所」「交換所」と呼ばれるサイトで購入することができる。ビットコインは時価額で販売されていて、ビットコイン/日本円チャート、ビットコイン/米ドルチャートなどはつねに動いている。FXのような感覚で購入することができるのである。最小取引単位は0.00000001ビットコインで、1万円以内の投資も可能だ。

ビットコインが誕生した当時は1ビットコイン=100円ほどだったが、最盛期には1ビットコイン=約12万円の値をつけたこともある。現在では1ビットコイン=約9万円(2016年12月15日時点)だが、今後も値上がりが予想されている。

専用口座を作成する

ビットコイン投資をスタートするには、たとえば「ビットフライヤー」「ビットポイント」ようなサイトを利用することになる。そこでアカウントを作成し、専用口座を開設する。申し込みはすべてウェブで完了するが、より制限のない取引を希望するならば本人確認書類の提出が必要になる場合もある。

ビットコインの投資リスク

以上のように誰でも気軽に始めることができるビットコイン投資だが、当然、いくつかのリスクがあることも忘れてはいけない。注目を浴びている新進気鋭のテクノロジーとはいえ、未知のものであり予期せぬ損失が出る可能性はある。また、FX以上に激しく動く変動相場のため、急騰もあるが急落もあり、タイミングを間違えると大損をすることもある。

そして、実店舗で利用できるところがあまりに少ないビットコインは、いくら増やしてもビットコインのままにしていては使い道がない。しかし、金融庁のビットコインの貨幣価値を認めるという発表を受け、今後は日本国内でも使える場所が増加するとの予想もある。先行きに不安も希望も大きいビットコイン。自己責任でチャレンジしてみるのも悪くはなさそうだ。

ソース:http://www.instock-ex.net/ichiman-en/colume15.html