2016.09.25

ビットコイン用語|発行総量

ビットコインの発行総量は、2,100万枚と決まっています。すべての発行が終わるのは西暦2140年です。

ビットコインの発行は、マイニング(発掘)と呼ばれる作業を通してのみ行われます。マイニングは暗号の整理のような作業で、簡単に言うと、過去どんな取引がされてきたかをまとめて記録する作業のことをいいます。

ビットコイン発行総量は、2016年時点で約1,400万枚まで進んでいます。発行量は4年ごとに半減していく設計になっているため、総量2,100万枚に達するのは、だいたい2140年頃という計算になります。