2016.12.03

日本円が実質無価値に…?ビットコインで資産を守る

日本円が実質無価値に…?ビットコインで資産を守る

日本円とビットコインの関係性だが、どちらも安心要素が強いという共通点がある。その一方で、管理者の有無などの違いがあり、今後どのように資産を分けていくかは興味を持っておきたいところだ。

将来を考えると資産運用が大切だ

資産運用について考えた事がある人は多いだろう。これからの将来いつ何が起こるかわからないのはもちろん、年金と貯金だけでは余生を安定して過ごす事が出来ない可能性だって十分に考えられるからだ。インフレが起こった場合など、日本円が最悪無価値になってしまった場合の事を考えると、資産運用についてはもっと現実的に考えなければいけないのかもしれない。

ビットコインで資産運用

資産運用と聞くと、株やFX、外貨預金など思い浮かべる人が多いだろう。だが、勉強が必要で、市場を定期的に観察しないといけないなど、時間も必要である。自分にはデメリットが多くて始める事が出来ないと考えているのなら、ビットコインでの資産運用をおすすめしたい。

ビットコインは歴史が浅く、資産運用として利用している人はまだまだ少ないが、世界で考えると活発化している。日本ではビットコインにマイナスのイメージを持っている人が多いが、海外では多くの人が利用し、企業でも取扱いを始めている所が増えてきている。

手数料が安価で、直接取引できるなど多くのメリットがある。投資の基本、分散投資の対象としてビットコインは確実に注目されている。

ビットコインは投資の中でも始めやすい事が魅力

ビットコインは1ビット1円などと考えるのではなく、株などと同じように相場によって変動している。なので、ビットコインが安い時に買っておき、高くなったら売ると利益が出る仕組みだ。実際にビットコインで大きな利益を出した人は世界中に数多くいる。

購入方法は、取引所や販売所で行う。売りたい人から購入も可能だ。スマートフォンからQRコードで簡単に贈る事が出来る。今現在のビットコインの価格は、1ビット約8万円(2016年11月26日)。投資と考えると少額から行える事が最大のメリットだ。購入単位は0.0001BTCから出来るので、100円程度からでも購入でき、資産運用の中でも始めやすい部類と言えるだろう。