2017.03.16

雑誌がビットコインで購入出来るのをご存じですか

雑誌がビットコインで購入出来るのをご存じですか

愛読する雑誌をビットコインで購入できれば、利用者側にメリットがあるだけでなく販売する側にもメリットがあるのだ。特に電子書籍が普及してきた現在では、ますますインターネット上の決済手段としてビットコインの利用が注目されるだろう。今回は雑誌の購入にビットコインが利用可能になったTIME社をご紹介する。

TIME社、ビットコイン支払可能に

大手雑誌出版社の中では初めてTIME社がビットコインでの支払いを導入した。大手企業の導入としてはマイクロソフト社に続き、仮想通貨の未来にとっても良い流れだと言える。

TIME社はさまざまなジャンルの雑誌を発行し、月間1億人以上もの読者を抱える大きな企業だ。ちなみに今回ビットコインで購入できるようになった雑誌は、Fortune、Health、This Old House、Travel + Leisureの4誌。

TIME社にとってのメリット

ビットコイン愛用者にとって便利さがアップしただけでなく、TIME社にとっても今後のビジネス発展のきっかけづくりになるはずだ。

なぜなら、これまではクレジットカードや振込により代金の支払いでは大きな決済手数料がかかりその分利益から差し引かれることになっていたためだ。しかしその点ビットコインの手数料はとても低い。結果、少額の購入であっても手数料の心配なく販売することができ、少しずつ購入したいという顧客の希望も満たすことが可能になるため、さらなる顧客の取り込みが期待できるのだ。

手数料が低いことでビジネスの幅が広がる

出版社と顧客の間で金銭のやり取りをする場合、金融機関をはさめばどうしても手数料がかかる。問屋や書店をはさめばさらに費用がかかってしまう。あらゆる手数料を省くことによって出版社側が追う経費が少なくなればさらなる雑誌内容の向上や新しい雑誌の開発、従業員のモチベーションアップなどにつなげられるはずだ。それはすなわち読者の満足度アップにもつながっていくだろう。

大手出版社TIME社がビットコインの導入をしたことで、またひとつ世界にその存在の便利さと信用性の高さを知らしめたことになる。今後ますます大手企業での導入も始まっていくだろう。

ソース:http://bitantenna.com/2014/12/17/time-inc-accepts-bitcoin/